もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ウエッジ1本で球筋の打ち分けをしてみよう

2019/09/27|ゴルフウィズ編集部

練習場でみなさんが一番練習しているクラブはなんでしょうか?ドライバーという方が多いかもしれません。
確かにドライバーは一番難しいクラブで練習が必要。また、うまく打てた時の爽快感は他のクラブの比ではありませんから、おのずと練習にも力が入るでしょう。
しかし、コースでドライバーはどれくらい使うでしょうか?OBの打ち直しなどを考慮しなければ、どんなに振っても14回まで。スコア100とすると全体の14%でしかありません。
またコース攻略を考えると、必ずしもドライバーを振る必要はないのです。
しかしウエッジはどうでしょうか?
アイアンでなかなかグリーンをとらえられないアマチュアにとっては、非常に出番の多いクラブなのではないかと思います。
今回はそんなウエッジで球筋の打ち分けをしてみましょう。というお話です。

まずは普通のアプローチ

基本となるのは、普通のアプローチショットです。ウエッジで20ヤードくらいの距離を打っていって球の高さと勢い、そして転がりの強さを覚えましょう。
そのときのロフトや球の位置がすべての基本となります。
応用編としてはフェース向きをキープする打ち方がありますが、まずは通常の打ち方を学びましょう。
コツはフェースをきちんとターンすることです。
短いアプローチですと、どうしてもフェースをまっすぐ引き、まっすぐフェース面を向けてインパクトしたくなります。そうするとどうしてもダフる危険が大きくなります。
ゴルフクラブの動きの基本は、開いて入ってきたフェースがインパクトでスクエアに戻り、その後フォローで閉じていく動きになります。この動きを意識してインサイドからフェースを開いて降ろしてきてインパクトでターンさせるように意識してみてください。
うまくフェースターンできるようになってくるとソールがすべる感覚がわかってくると思います。

ボールの位置を変えてみよう

基本の打ち方である程度あたるようになったら、今度はボールの位置を変えてみましょう。
スタンスの真ん中、左側、右側、とボールの位置を変えていき球筋がどう変わっていくのかを見てみましょう。
基本的には左におけば高い球、右に置けば低い球になります。どのくらいの位置にボールをおけば、どういった球筋になるのかを感じ取るようにしていただきたいと思います。

フェースの向きを変えてみよう

次にボールの位置によってフェースの向きを変えてみましょう。
ボール位置を変える練習で左に置いたときにボールがひっかかることがあったと思います。
普通のアプローチの構えで左に置くとフェースが返りすぎることがありますので、どうしてもひっかかることがあります。そこで今度は左に置いてフェースを開いてみましょう。
フェースを開けばボールはさらに高くあがりますが、目標の右に飛ぶはずです。そのショットがある程度できるようになったら、スタンスを目標の左に向けて、どれくらい左を向いて、どれくらいフェースを開けば目標方向に飛んでいくのか試してみてください。
逆にボールを右足かかとくらいに置いてフェースを被せて打つと、どれくらい低い球が出るのかも試してみましょう。この場合キャリーがどれくらいでランがどの程度出るのか感覚的に掴めると実戦で役に立ちます。

まとめ

アプローチというのは、実にいろいろな状況にあわせて打ち分けていく技術が要求されるものです。
それらの技術の習得は、もちろん大事ではありますが簡単に習得できるものでもありません。しかし、今回ご紹介したようにいろいろな打ち方を試すことによってどのようにクラブを使えば、どんなボールが出るのか?を肌で感じることができるようになり、アプローチだけではなくショット全般に役にたちます。
ボール代がもったいないので打ち放題でないとなかなかできませんが、ボールとウエッジで遊ぶような感覚で試してみていただければと思います。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

アプローチショットがシャンクするには理由がある

アプローチショットがシャンクするには理由がある

グリーンにのせるアプローチショット。100ヤード以内の短い距離にも係わらず、打球がとんでもない方向に飛んでしまうことがあります。おそらく誰もが一度は経験したことがあるだろう「シャンク」です。 スライス …

2017/11/22|ゴルフウィズ編集部

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

バンカーやラフからのリカバリーがうまくいくかどうかは、ウェッジによるところが大きいといえます。「ダフってしまう」「飛距離が出ない」といった悩みは、スイングではなくウェッジに原因があるかもしれません。こ …

2017/12/05|ゴルフウィズ編集部

スコアメイクのカギはこの1本!ウエッジについて考えてみよう

スコアメイクのカギはこの1本!ウエッジについて考えてみよう

初心者のうちは、練習場でドライバーの練習に時間を割いている方が多いと思います。 しかし中級者以上の方の練習を見てみると、短いクラブとりわけウエッジの練習に時間を割いている方が多いのがわかると思います。 …

2019/06/21|ゴルフウィズ編集部

これであなたもバックスピンをかけることができる

これであなたもバックスピンをかけることができる

プロゴルファーのプレーをテレビで観戦していると、グリーン上で球がピタリと止まったり、ピン目指してバックスピンがかかって球が戻ってきたりするシーンを見かけて驚きます。 トッププロになるとこのスピン量を自 …

2017/11/21|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

グリーンにパーオンすると最高に気持ちのいいものですが、遠い距離からグリーンを捉えるのはゴルフ初心者には難しいショットになります。必然的にグリーンを捉えることができず、ピンまで残り50ヤード以内というケ …

2017/10/29|ゴルフウィズ編集部

レディースのウェッジのセッティング!結局のところ何本?

レディースのウェッジのセッティング!結局のところ何本?

ゴルフのコースに出ると多くの方がアプローチで悩みます。 グリーンの近く100ヤードくらいまで順調でも、そこから大幅に叩いてしまったり。 そのことをアプローチが上手ではないからと思っていませんか。 そこ …

2019/10/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでサンドウェッジの精度を上げるオススメ練習法とは?

ゴルフでサンドウェッジの精度を上げるオススメ練習法とは?

ゴルフをする上で、サンドウェッジの存在は外せません。グリーンから小〜中距離ぐらいの範囲で最も使用頻度の高いアイアンです。なので、サンドウェッジの精度を上げるのは必須となっています。 私も、サンドウェッ …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

グリーン周りのアプローチどうしてる?

グリーン周りのアプローチどうしてる?

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。 また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く …

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

バンカーショットを上達させるためには

バンカーショットを上達させるためには

ゴルフのラウンドをすると、つま先上がりの傾斜だったり、左足下がりの傾斜だったり、なかなか平らな地面でショットをさせてもらえません。その中でも練習場と大きく異なるのが「バンカーショット」です。 ゴルフの …

2017/11/20|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ