もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

初心者がラウンドしやすいゴルフ場はどんなゴルフ場?

2021/06/24|ゴルフウィズ編集部

ひとくちにゴルフ場といっても、ゴルフ場によってコースの作り方がまったく違っています。その作りによってラウンドのしやすさもかなり変わってきます。

ラウンド経験が少ない初心者の方の場合、行ったゴルフ場の印象がゴルフ場全体の印象になってしまうこともあり、あまりにラウンドしにくいゴルフ場に行ってしまうとゴルフそのものがつまらなく感じてしまうこともあるかもしれません。

そこで今回はコースデビューや初心者の方が比較的ラウンドしやすいゴルフ場の特徴を記してみたいと思います。

コースのタイプから選ぶ

コースのタイプは大きく分けて「山岳」「丘陵」「林間」「河川敷」があります。
このうち初心者におすすめしたいのは「林間」と「河川敷」です。このふたつのタイプは基本的にコースがフラットに作られていて過度なアップダウンがありません。

最近はセルフラウンドが主流で、ほとんどのゴルフ場で乗用カートが使われていますので、歩きの負担はそれほど大きくはないと思えるかもしれませんが、初心者の方の場合どうしてもボールが曲がります。そのたびに急な斜面を登ったり降りたりしなければなりません。
また打ち下ろしや打ち上げといったホールも多く、平坦な場所に比べて距離の判定が難しくなります。ショットに不安が大きい初心者の方の場合、そのような要素はなるべく少ないほうがラウンドしやすくなります。

「林間」の場合曲げると林の中に入りますので、トラブルショットが増えてしまいますから楽にラウンドするためには「河川敷」が一番楽だといえるかもしれませんが、河川敷のコースの場合設備が簡易なコースが多く、ゴルフ場に来た!というワクワク感は少し欠けてしまいます。

「丘陵」タイプでもコースによってはそれほどアップダウンがきつくなく、またこのタイプのコースは数が多いため選びやすいため、これも選択肢に入れても良いかもしれませんが、「山岳」だけはやめたほうが良いでしょう。

距離から選ぶ

コースの総距離というのはラウンドのしやすさにかなり影響します。
パー5のロングホールは上級者にとってはチャンスのホールと言われます。しかし初心者の場合はまったく逆。
パー5のほうがスコアを崩すことが多いのではないでしょうか。それは単純に「打つ回数」が多いほどトラブルになる可能性が高くなるからです。

総距離の長いコースはパー4もかなり距離が長く、ドライバーが苦手な初心者の方の場合グリーンに乗せるまでかなり大変です。
コースを選ぶときは、できればレギュラーティーから6200ヤードくらいまでのコースを選ぶと比較的負担が少ないと思います。
予約サイトなどのコース紹介には必ず総距離が表示されていますのでそれを参考になさると良いでしょう。

サイトによってバックティー、レギュラーティー双方の総距離の記載がある場合と、特に断りなく総距離がひとつだけ記載されている場合があります。ひとつだけの場合はバックティーからの距離ですので、その場合はコースレイアウトのコンテンツをみれば各ホールのレギュラーティーの距離が出ていますので、合計すれば18ホールの距離がわかります。

コースレートから選ぶ

コースレートという言葉は初心者の方の場合ちょっと耳慣れない言葉かもしれません。
これはコースの難易度を評価した数字です。

簡単にいえばハンデ0のプレーヤーが回ったらだいたいいくつくらいのスコアで回れるコースですよ、といった指標で、だいたい68から72くらいの数字が出ていることが多いのではないかと思います。
この数字は少なければ少ないほど易しい、ラウンドしやすいゴルフ場ということになります。

一般的なゴルフ場はだいたい総距離とコースレートは比例していることが多いので、総距離だけ見ておけばだいたいは大丈夫ですが、総距離が短くても例えばグリーンが速いとかグリーン周りにハザードが多いなどの条件で、スコアを出すのが難しいコースもあります。ですので先に記した総距離とともにコースレートも参考にすると良いでしょう。

まとめ

初心者の方が思っている以上にラウンドの難易度はコースによって変わります。
上記にあげた特徴以外にも池やバンカーなどのハザードが多いコースもラウンドしやすいコースとはいえませんので避けたほうが良いでしょう。
幸い最近はコースの細かい情報が予約サイトで確認できますので、しっかり調べて選ぶようにしましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

まずは練習場へ行ってゴルフを体験しよう!

まずは練習場へ行ってゴルフを体験しよう!

ゴルフをやってみたい、でもお金がかかりそうだし何をすれば良いのかわからないという方多いのではないでしょうか。練習場も上手な人ばかりで敷居が高いというイメージかもしれませんがそんな事はありません。 練習 …

2017/11/30|ゴルフウィズ編集部

夏だからこそ着たい機能性インナー!でもそのマナーとは?

夏だからこそ着たい機能性インナー!でもそのマナーとは?

プレーしやすい春先などのゴルフも良いですが、暑い夏に行うゴルフは一味違った良さがあります。また、暑さと言う状況があるからこそ自分の経験値を上げる事ができますし、他の季節には無い対応が必要になります。 …

2018/06/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場の食事は、スキー場と並んで高くてイマイチと思っている人はいませんか?! 実は今、食事に力を入れているゴルフ場が増えてきているんです! 美味しい食事と楽しいゴルフ、両方を楽しめるゴルフ場をご紹介 …

2017/12/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルファーの梅雨時のお悩みのひとつ「手足のむくみ」解消法

ゴルファーの梅雨時のお悩みのひとつ「手足のむくみ」解消法

ゴルフで気になることで「むくみ」がありますよね。 クラブを握る手がパンパンになったり、ラウンド後に靴下の跡がついたり帰りの靴がきつくて履きづらかったり。 むくみを感じるのは梅雨時は特に多いかもしれませ …

2020/07/08|ゴルフウィズ編集部

やっぱり行きたいハワイでゴルフ!今度のためにおさらいを

やっぱり行きたいハワイでゴルフ!今度のためにおさらいを

新型コロナウイルスの影響ですっかり遠のいた海外旅行。 状況が整ったらやっぱり行きたい観光地のひとつがハワイではないでしょうか。 魅力的なゴルフ場がたくさんあるのでゴルファーにも人気ですね。 今度ハワイ …

2021/05/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースを歩いて回るのとカートを使うのではどちらがオススメ?

ゴルフコースを歩いて回るのとカートを使うのではどちらがオススメ?

ゴルフコースを回る手段は2つあります。カートを利用するか、歩きで回るかです。基本的にはカートを利用する方が多いです。しかし、プロの試合を観てみると、ほとんどが歩きで回っています。 私は高校時代にゴルフ …

2017/08/30|ゴルフウィズ編集部

スピードゴルフから時間のマネージメントを学んでみよう!

スピードゴルフから時間のマネージメントを学んでみよう!

時短ブームで注目したい「スピードゴルフ」。 走りながら18ホールを回りスコアと時間の合計を競うものですが、スピードだけでなく普段のプレーにも役立つことがたくさんあります。 時間もクラブも少なく、シンプ …

2020/10/20|ゴルフウィズ編集部

紫外線が気になる季節こそサングラスが大切!マナーとは?

紫外線が気になる季節こそサングラスが大切!マナーとは?

日本人の目は比較的紫外線にも強いと言われていますが、眉付近のくぼみが少ないので入ってくる紫外線も多いと言われています。長時間外でプレーを続けるゴルフでは、目を保護するのも病気を防ぐためにもとっても大切 …

2018/05/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースを回るのに最適なシーズンは?

ゴルフコースを回るのに最適なシーズンは?

ゴルフコースを回るならやっぱり一番快適な時期がいいですよね。気持ちのいい気温で、コースを回れば体力にも余裕が出て、スコアがよくなる可能性もあります。それに、気持ちよく回れれば、またゴルフに行きたいと思 …

2017/08/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで怪我をしやすいのはどこの部分?その予防法を考える

ゴルフで怪我をしやすいのはどこの部分?その予防法を考える

スポーツの中でも、ゴルフは年齢を重ねてもできるというイメージがありますね! 体に負担も少なく怪我もしづらい印象があります。 テニスやサッカーなどのようにダッシュしたり、バスケットボールのように人とぶつ …

2020/03/12|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ