もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

マッスル、キャビティ、中空。アイアンのヘッド形状と特徴

2020/06/03|ゴルフウィズ編集部

アイアンのヘッドにはいろいろな形状があります。マッスルバック、キャビティバック、中空といった言葉はなんとなく聞いたことがあるのではないでしょうか。そしてマッスルバックはなんだか上級者向けっぽい、くらいはご存知かと思います。
ここではあらためて、それらのヘッドの特徴について整理してみましょう。

マッスルバック

マッスルバックというのは、ひとつの金属の塊で出来ていてバックフェース側も肉厚に作られているヘッドです。素材は主に軟鉄が使われていて、プロが好んで使う形状でもあります。もともとはアイアンは鉄の塊を叩いて作っていたので、物理的にもアイアンはすべてマッスルバックでした。いわばもっとも古くからある形状といえます。
では簡単に特徴をあげてみます。

・ヘッドが小さく作られており芯の大きさは小さい
・芯の位置はネック寄りの高い部分に位置する
・球はあがりにくく、曲がりやすい

と、一般のアマチュアにはなかなか敷居が高い特徴があります。なんだか良いことはなにもないようにも感じますが、プロや上級者の使用率は非常に高いヘッド形状であるということは、大きなメリットもあるはずです。実はマッスルバックアイアンのメリットの多くは一般のアマチュアには難しいと感じる特徴の裏返しにあるのです。

・芯が小さいため、ミスが顕著に現れてスイングの調子の善し悪しがわかりやすい。
・ダウンブローでショットするのには芯の位置が高いほうが芯に当たりやすい
・スピンが入りやすく、インテンショナルなフックやスライスが打ちやすい。
・打感が非常に良い

簡単にいえば、プロや上級者がもっている技術が発揮しやすいアイアンの形状といえるでしょう。

キャビティバックアイアン

マッスルバックでは、芯が小さくアマチュアには難しいため芯を広くすべく開発されたヘッド形状です。ヘッドのバックフェース部分の厚みを薄くして余った重量を周辺に配置することで芯を広くしています。
現在のアイアンではもっとも主流の形といえるでしょう。特徴は

・芯の大きさが大きくマッスルバックよりはミスが起こりにくい。
・芯の位置がヘッド中央の下のほうにくるように重量調整されている。
・技術の進化で異素材とのコンポジットも増え、さらに打ちやすさがましている。

といった点でしょう。以前は打感が悪いとか芯が下にありすぎて距離感が合わないなどの理由でプロや上級者はあまり使いませんでしたが、最近ではプレイヤーの力量にあわせたラインアップが展開されていて、プロでもキャビティバックの使用者が増えています。

中空アイアン

中空アイアンはウッドの機能をアイアンに持たせることで使いやすさを追及したものです。その名の通りヘッド内部は空洞になっています。
キャビティバックの場合は余剰重量をヘッド周辺に配置しましたが、中空の場合はバックフェース側に配置することで芯の広さと、ボールの捕まりの良さを追及しています。
もともとは打感が悪く、どこに当たったのか良くわからないような打感でしたが最近は改善され、形状も中空とはわからないものも増えてきました。
PGAのツアープロでもロングアイアンだけ中空にする船主も出てきています。

まとめ

アイアンはドライバーとは違い、まっすぐに飛んで飛距離が出れば良いというクラブではありません。飛ばないのも困りますが飛び過ぎても同じように困ります。また、どう打ってもまっすぐ飛んでしまうのでは、インテンショナルな操作が必要なケースが多い上級者は使いにくくなります。
一方、コースでなかなか芯に当たらないアマチュアにとっては打感とかインテンショナルとかいう以前にとにかくそこそこ真っ直ぐ飛んでくれれば一番ありがたいわけです。
ヘッドにより特徴がハッキリと異なりますので、自分のレベルやアイアンに求める機能を整理して合うアイアンを選んでください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフでやりがちなミス!パターの際注意すべきポイントは?

ゴルフでやりがちなミス!パターの際注意すべきポイントは?

グリーン上での多くのマナーやルールが存在しています。パターショットをする際、気をなければ、スコアにも響く場合があります。 ただ、初心者だと何がダメで何がいいのかなんてわかりませんよね。私自身、わかって …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

自分のにあったクラブを選んでみよう。パター編

自分のにあったクラブを選んでみよう。パター編

現在様々な形状のヘッドが販売されているパター。いろんな種類があるということは選択肢が増えるということなのでいいことしかないように思えるかもしれませんが、購入する際、なかなか踏み切れないことがあるかと思 …

2017/10/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフをしていると、山肌に近いラフでショットを打つことが多くあります。山肌に近いということで傾斜も相当あり、かなり打ちづらいです。しかし、OBではないので、打たなければいけません。その際、無理な体勢や …

2017/09/18|ゴルフウィズ編集部

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーイングエリアでショットするときは、ティーアップをすることができます。 心理的にもすごく楽になるティーアップですが、ティーの高さはどのように決めているでしょうか? ティーの高さというのは意外と重要 …

2020/05/07|ゴルフウィズ編集部

パターのグリップにもこだわりを持とう

パターのグリップにもこだわりを持とう

グリーン上のラインや距離感がわかっていても、そのとおりにパッティングできなければホールインできません。いかにイメージどおりに打てるのかがパッティングのポイントになります。 パッティングの余計な1打が積 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフには100切りの壁というのが存在します。 初心者に立ちはだかる最初の壁ともいえるでしょう。 全18ホール全てボギーで終えることが出来れば18オーバー=90(ゴルフ場により異なる)で上がることがで …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

スコアを改善するのなら、ゴルフボールにこだわるのも大切なことです。特にブランドのゴルフボールには独自の技術で飛距離アップなどにも期待ができます。多少値段はかかりますが、一般的なゴルフボールを使用するよ …

2017/09/25|ゴルフウィズ編集部

アイアンの弾道が高すぎて飛ばない!その原因と対処法は?

アイアンの弾道が高すぎて飛ばない!その原因と対処法は?

アイアンでナイスショット! ところが弾道が高すぎるのか、思ったほど距離が出ないことがあります。 高さが出るのは良いことですが、それによって明らかに距離が出ないことも。 アイアンの弾道が高すぎてしまう原 …

2019/10/16|ゴルフウィズ編集部

ダウンブローの勘違い

ダウンブローの勘違い

アイアンショットではダウンブローに打ちなさい、といわれます。しかしなかなか難しいものです。技術的に難しいという面もありますが、ちょっとした勘違いで余計に難しくしてしまっているかもしれません。 今回は、 …

2020/04/08|ゴルフウィズ編集部

パッティング上達のコツ

パッティング上達のコツ

ゴルフのスコアの半分はパッティングの数です。初心者、初級者の方ですとグリーンに到達するまでにかなりの打数を打ってしまうこともあるので、あまり重要には感じないかもしれませんが、ゴルフの上達にパッティング …

2020/04/21|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ