もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

考え方いろいろ。クラブセッティング

2019/09/24|ゴルフウィズ編集部

クラブはキャディバックに14本入れることができるのはご存知でしょう。パターは必ず必要ですので、残り13本は自由に組み合わせることが可能です。
一昔前であれば、ドライバー、3W、4Wのウッドとアイアン3番から9番、さらにピッチングウエッジ、サンドウエッジ、の基本はほぼ同じであとはウッドを増やすかウエッジを増やすか、または2番アイアンを入れるか?といったセッティングがほとんどでした。
しかし、現在ではユーティリティーが一般的にになってきたこともあり、セッティングが本当に千差万別になってきています。
逆に言うと、どう組み合わせるのが自分にとってベストなのかわかりにくくなっているともいえます。
今回はいくつかのセッティングのパターンとヒントをお話してみたいと思います。

最初に決めるのは

全体のセッティングを決める場合、まずアイアンセットを基本に考えると良いでしょう。
以前のアイアンセットは、ほぼすべて3番から9番、ピッチングウエッジ、サンドウエッジという構成でしたが、最近のアイアンはメーカーによって構成がかなり異なります。
最近では6番から9番にPWという5本は、ほとんど入っていて、これに5番や4番まであるもの、アプローチウエッジがあるものなどがあります。
さてアイアンセットを決める場合、自分が何番までならアイアンが打てそうか?というのをまず考えます。
アイアンが得意な方、まだ若くてこれからクラブを振る力がついてきそうな方は5番や4番まで入っているセットでも良いでしょう。
逆にアイアンがあまり得意でない、ミドルアイアンでは球が上がらない、という方は最低限の本数のセットで良いでしょう。
基本セットが決まったら次にサンドウエッジを決めます。
バンカーが苦手なのでバンカー専用にするのか?フェアウェイでも使いたいのでバウンスがあまり大きくないものにするのか?など考え方はいろいろですが、はじめはあまり極端な用途や形状のものは避けた方が無難でしょう。
まずは標準的なサンドウエッジで練習を積んでみることで、クラブの扱いも覚えます。
特殊なものは、そういったことをしてからでも遅くはないでしょう。

基本のアイアンセットで不足する分をなにで埋めるか

次に基本のアイアンセットで不足する距離などをどのクラブで埋めるかを考えます。
普通は、まずフェアウェイウッドやユーティリティを考えますが、ここではまずウエッジを考えることをオススメします。
ピッチングウエッジとサンドウエッジが決まっていれば、両者の間のロフト差がわかると思います。
特に最近のピッチングウエッジはウエッジというよりも10番アイアンに近いものですので、サンドウエッジのロフトとのギャップがかなり大きくなります。
当然フルショットの距離にかなり開きが出てきますので、この間をアプローチウエッジで埋めていきます。
コントロールショットで苦手な距離がある場合は、その距離をフルショットで打てるロフトのウエッジを入れていくことになります。ロフトのギャップやコントロールショットの技術により1本で埋めるのか2本で埋めるのか、場合によっては3本で埋めるのかを検討してください。
コースに出ると、ショートゲームがスコアを左右しますのでウエッジの選択は非常に重要になってきます。

ユーティリティとフェアウェイウッドを選ぶ

次にユーティリティを選びます。
まずは、アイアンセットの一番長い番手より1番手分飛ぶものを選びましょう。
セットが6番からなら5番相当、5番までなら4番相当の距離を打てるものを選びます。
最後にフェアウェイウッドですが、打てる範囲でもっとも飛ぶものを選びます。
パー5の2打目や、ティーショットをミスして長い距離が残った場合に使うものです。一般のアマチュアであれば190ヤード、200ヤードといった距離をきちんと打ち分けることは、ほとんどできませんから、そこそこ打てる中でもっとも遠くまで飛ばせるものを選べば良いでしょう。

まとめ

クラブのセッティングはラウンド経験を積んでいくうちに変わってきますし、練習で技術があがればまた必要なものが変わってはきます。
その場合は都度変更を加えていけば良いのですが、初中級のアマチュアの場合は基本的には短い距離を優先して考えるようにしたほうが良いでしょう。
180ヤード以上の距離をきちんと打ち分けるのはかなりの技術が必要ですし、その技術が無ければスコアにならないということもありません。
100切りから90くらいまでを目指す場合は、まず短い距離をできるだけ正確に攻めるようにしていくことが重要ですので、それを念頭においてセッティングしていくのが良いのではないでしょうか。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

自分にあったボールを選ぶコツとは?

自分にあったボールを選ぶコツとは?

クラブを購入するときにはじっくりと試打を行い、候補の中で最大限自分に合ったクラブを選び抜く方が多いと思いますが、果たしてボールはどうでしょうか。どうせ無くしてしまうからなるべく安いボールを購入しよう。 …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

こっそりレベルアップ!?オススメの自宅練習グッズ3選

こっそりレベルアップ!?オススメの自宅練習グッズ3選

みなさん上達のために練習が必要なのはわかっていても、何かと時間がかかったりで足が遠のいてはいませんか? 特に暑い日は汗や虫がうっとうしいし、冬は寒くて億劫になるのも事実ですよね。 そこでオススメしたい …

2018/05/29|ゴルフウィズ編集部

スコアアップが目指せるゴルフグッズの選び方

スコアアップが目指せるゴルフグッズの選び方

ゴルフを上達させるためには、打ちっぱなし練習場などで練習することになりますが、練習の状態が良くないと上手になりません。スコアアップできる練習をするためには、ゴルフグリップ選びにこだわり、しっかりクラブ …

2018/07/04|ゴルフウィズ編集部

この秋、ビビッドなマットカラーボールで目立とう!

この秋、ビビッドなマットカラーボールで目立とう!

マットカラーボールとは? 引用元 https://www.instagram.com/p/BN-eq8UAxaH/?hl=ja&taken-by=volvikgolf カラーボールを使ってい …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

ゴルフのスイングは下半身主導、体の回転がポイントになります。腕だけでコントロールしようとするとトップやダフリ、シャンクやスライスなどのミスショットにつながる可能性が高まります。 しかし下半身主導を意識 …

2017/11/18|ゴルフウィズ編集部

中古品のゴルフクラブを購入するメリット・デメリットは?

中古品のゴルフクラブを購入するメリット・デメリットは?

ゴルフクラブを揃える方法は、新品で買うのか中古品を手に入れるかの2つあります。これから本格的に始めようというなら先行投資の意味も含めて新品で買うのもアリですが、新品だとアイアンを1本買うだけでも相当な …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

あなたのゴルフにもおもしろアイテムを取り入れてみませんか?

あなたのゴルフにもおもしろアイテムを取り入れてみませんか?

ゴルフコンペの景品であれば、やっぱりゴルフにちなんだおもしろアイテムの方が記念になりますし、盛り上がります。現代にはいろいろな種類のおもしろアイテムが製品化されていますので、選択肢も豊富です。 公式の …

2017/12/21|ゴルフウィズ編集部

夜ゴルフに見えやすい「光るゴルフボール」

夜ゴルフに見えやすい「光るゴルフボール」

ショットする際に基本的ではありますが、大事なポイントとしてゴルフボールを、しっかり見ているのかということがあります。いい加減に見ていますと、シンでとらえたショットができません。光るゴルフボールで、シン …

2019/03/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのグリップはいろいろ!メーカーによって特徴も違う!

ゴルフのグリップはいろいろ!メーカーによって特徴も違う!

ゴルフのグリップがぴったり合わない、替えたらもっと良いスイングができるのかも! グリップはクラブと自分をつないでいる大事な役目をしています。 合ったグリップなら、クラブの良さを最大限に活かせてボールの …

2019/09/17|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ