もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

考え方いろいろ。クラブセッティング

2019/09/24|ゴルフウィズ編集部

クラブはキャディバックに14本入れることができるのはご存知でしょう。パターは必ず必要ですので、残り13本は自由に組み合わせることが可能です。
一昔前であれば、ドライバー、3W、4Wのウッドとアイアン3番から9番、さらにピッチングウエッジ、サンドウエッジ、の基本はほぼ同じであとはウッドを増やすかウエッジを増やすか、または2番アイアンを入れるか?といったセッティングがほとんどでした。
しかし、現在ではユーティリティーが一般的にになってきたこともあり、セッティングが本当に千差万別になってきています。
逆に言うと、どう組み合わせるのが自分にとってベストなのかわかりにくくなっているともいえます。
今回はいくつかのセッティングのパターンとヒントをお話してみたいと思います。

最初に決めるのは

全体のセッティングを決める場合、まずアイアンセットを基本に考えると良いでしょう。
以前のアイアンセットは、ほぼすべて3番から9番、ピッチングウエッジ、サンドウエッジという構成でしたが、最近のアイアンはメーカーによって構成がかなり異なります。
最近では6番から9番にPWという5本は、ほとんど入っていて、これに5番や4番まであるもの、アプローチウエッジがあるものなどがあります。
さてアイアンセットを決める場合、自分が何番までならアイアンが打てそうか?というのをまず考えます。
アイアンが得意な方、まだ若くてこれからクラブを振る力がついてきそうな方は5番や4番まで入っているセットでも良いでしょう。
逆にアイアンがあまり得意でない、ミドルアイアンでは球が上がらない、という方は最低限の本数のセットで良いでしょう。
基本セットが決まったら次にサンドウエッジを決めます。
バンカーが苦手なのでバンカー専用にするのか?フェアウェイでも使いたいのでバウンスがあまり大きくないものにするのか?など考え方はいろいろですが、はじめはあまり極端な用途や形状のものは避けた方が無難でしょう。
まずは標準的なサンドウエッジで練習を積んでみることで、クラブの扱いも覚えます。
特殊なものは、そういったことをしてからでも遅くはないでしょう。

基本のアイアンセットで不足する分をなにで埋めるか

次に基本のアイアンセットで不足する距離などをどのクラブで埋めるかを考えます。
普通は、まずフェアウェイウッドやユーティリティを考えますが、ここではまずウエッジを考えることをオススメします。
ピッチングウエッジとサンドウエッジが決まっていれば、両者の間のロフト差がわかると思います。
特に最近のピッチングウエッジはウエッジというよりも10番アイアンに近いものですので、サンドウエッジのロフトとのギャップがかなり大きくなります。
当然フルショットの距離にかなり開きが出てきますので、この間をアプローチウエッジで埋めていきます。
コントロールショットで苦手な距離がある場合は、その距離をフルショットで打てるロフトのウエッジを入れていくことになります。ロフトのギャップやコントロールショットの技術により1本で埋めるのか2本で埋めるのか、場合によっては3本で埋めるのかを検討してください。
コースに出ると、ショートゲームがスコアを左右しますのでウエッジの選択は非常に重要になってきます。

ユーティリティとフェアウェイウッドを選ぶ

次にユーティリティを選びます。
まずは、アイアンセットの一番長い番手より1番手分飛ぶものを選びましょう。
セットが6番からなら5番相当、5番までなら4番相当の距離を打てるものを選びます。
最後にフェアウェイウッドですが、打てる範囲でもっとも飛ぶものを選びます。
パー5の2打目や、ティーショットをミスして長い距離が残った場合に使うものです。一般のアマチュアであれば190ヤード、200ヤードといった距離をきちんと打ち分けることは、ほとんどできませんから、そこそこ打てる中でもっとも遠くまで飛ばせるものを選べば良いでしょう。

まとめ

クラブのセッティングはラウンド経験を積んでいくうちに変わってきますし、練習で技術があがればまた必要なものが変わってはきます。
その場合は都度変更を加えていけば良いのですが、初中級のアマチュアの場合は基本的には短い距離を優先して考えるようにしたほうが良いでしょう。
180ヤード以上の距離をきちんと打ち分けるのはかなりの技術が必要ですし、その技術が無ければスコアにならないということもありません。
100切りから90くらいまでを目指す場合は、まず短い距離をできるだけ正確に攻めるようにしていくことが重要ですので、それを念頭においてセッティングしていくのが良いのではないでしょうか。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ホールの芝の長さは、いつも同じではありません。整備はされていますが、天然の植物なので天候の影響で、すぐ生えたり成長します。芝の長さの影響を受けないように、レディースティーで、ボールを打ちやすくしましょ …

2018/07/23|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中にイライラした時の対処法は?

ゴルフ中にイライラした時の対処法は?

ゴルフをしていると当然、ミスが起こります。1回だけならいいのですが、何回も続くと徐々にイライラが積もってきてしまいます。すると、周りの空気も悪くなってしまい、せっかくのゴルフが楽しめません。 さらに、 …

2017/09/16|ゴルフウィズ編集部

クラブって実際何本必要?タイプ別に考察

クラブって実際何本必要?タイプ別に考察

現在ルールではキャディバックに入れてラウンドして良いクラブの本数は14本と定められています。しかし、一般のアマチュアにとって14本のクラブを使い分けるというのはあまり現実的ではありません。では実際には …

2020/01/21|ゴルフウィズ編集部

アマチュアはディスタンス系のボールで良いのか

アマチュアはディスタンス系のボールで良いのか

初心者向けのボール選びの記事は必ずといっていいほど同じスタンスで記事が作られています。初心者はディスタンス系の飛ぶボールを使いましょう、スピン系は上級者向けです、といったスタンスです。 これ自体ある意 …

2021/04/22|ゴルフウィズ編集部

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

ゴルフボールにはさまざまな種類があります。その中でも一際目立つのはカラーのゴルフボールです。ピンク系から黄色など、明るい色が主なカラーの種類となっています。 私自身も、ゴルフコースを回る際は、カラーの …

2017/08/24|ゴルフウィズ編集部

メンタルを鍛えて上達する!効果的なメンタルの鍛え方

メンタルを鍛えて上達する!効果的なメンタルの鍛え方

ゴルフの上達には、スイングの精度だけでなく、プレッシャーに対するメンタルの強さも欠かせません。朝一番のティーショットやバーディーがかかったパターなど、ゴルフのプレーの多くにはメンタルの強さを必要としま …

2017/11/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのショットがなぜコースと練習場では変わってしまうのか

ゴルフのショットがなぜコースと練習場では変わってしまうのか

ゴルフを始めると最初のスコア目標は100ぎりです。すべてのホールがボギーでも100をきることはできるのですが、これがなかなかの難関です。OBをしたり、3パットするとあっという間にダブルボギーやトリプル …

2018/01/14|ゴルフウィズ編集部

スタートのティーショットがうまくいかない人へ

スタートのティーショットがうまくいかない人へ

練習場でのショットがコースで出せない人は大勢います。いや、むしろツアープロも含めてゴルファーは全員コースでの難しさを痛感していることでしょう。とりわけアマチュアが苦手なのは朝一番、スタートのティーショ …

2020/11/02|ゴルフウィズ編集部

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

ゴルファーにとって使いやすくて応用範囲も広い「ユーティリティ」。 ところが便利で万能なはずのクラブなのになぜか上手く打てないという悩みも出てきますね! ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの中 …

2020/05/14|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったキャディバッグの選び方

自分に合ったキャディバッグの選び方

ゴルフのギアの中で、スコアになんの影響も及ぼさない、ショットに影響がなにもない唯一のものと言って良いのがキャディバックです。 ゴルフギアというよりも、むしろウェアに近い選び方ができるものですので、初心 …

2020/04/20|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ