もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフのアプローチ!クラブの上手な使い分けでスコアアップ

2019/10/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスコアを上げるには、アプローチとパターはとても重要です。
グリーン周りが上手くいかなければ、いくらドライバーで飛んでもスコアにつながりません。
なかでもアプローチは、クラブの使い分けも難しいのでので悩んでしまいますよね。 

上げるのか、転がすのか、どんな状況にも対応できるように練習する必要があります。
迷いや悩みを少しでも減らすために、クラブの助けも上手く借りたいものです。
そこで、アプローチに使うクラブとその使い分けの方法をご紹介します!

アプローチでは転がすのか上げるのか状況判断が大事

ゴルフのアプローチで大事なことに「状況判断」があります。
アプローチの感覚を磨くことで、クラブの使い分けや打ち方を的確にすることです。
なんとなく上げたり転がすのは適切ではないですね。

転がせるのかを基本に考えて、状況によっては上げる、という方が上手くいきます。
それぞれのクラブの使い分けを考えます。

【ボールを転がす場面】
ボールを転がすのは、基本的にグリーンエッジからピンが遠い場面です。
ボールをグリーン上で止めるよりも、一番近くのグリーンめがけて低く打ち、ピンに向かって転がすということです。

この場面で使えるクラブはピッチングウェッジか9番アイアンかあたりです。
特に9番は便利なクラブで、様々なトラブルにも対処できます。
アプローチでは、手首を固定してパターのように打つとボールは自然に転がってくれます。

【ボールを上げる場面】
アプローチでボールを上げた方が良い場面は、転がす時の逆になります。
それはグリーンエッジからピンが遠くない状況です。
ボールを上げて、ピタリとピンの近くに止めた時は気持ち良いものですよね!

それからバンカーがグリーン周りにあって、そこを超える場合もボールを上げます。
サンドウェッジの出番ですが、くれぐれもトップしないように、どちらかというと少しフェースを開いてダフらせるようにすると安心です。

ただし、どんなにボールを上げたくても地面の状態が悪い場合は、そこか少しでも脱出できればOKとして、あまり欲張らないようにしましょう。

アプローチで使い分けるクラブの種類

アプローチの場面では、1本のクラブで打ち分けることも出来ますが、クラブの違いの力で助けてもらう場合もあるでしょう。
その時に使えるクラブは色々あります。

通常のセットはピッチングウェッジまでなので、それ以降は用途によって選んでいきます。

【買い足すウェッジ】
・ ピッチングのロフト角を基準に等間隔のロフトで2本
・ 通称アプローチウェッジやサンドウェッジ
・ サンドウェッジよりボールが高く上がるロブウェッジ

以上が主なウェッジ類ですが、もし何もない場面なら、実は一番使えるクラブはパターなのです!

【アプローチの基本は実はパター?】
アプローチで失敗してしまう場面は、無理にボールを上げてトップやダフリが出た時です。
そのようなリスクを避けるために、まずパターで転がせないかと考えてみましょう。
それを意識すると、確実にグリーンに乗せたい時に、パターで転がせる場面が多くあることに気づきます!

気をつけることは、距離を長く転がす時に、グリーン上の時よりも広くスタンスをとることです。
そして、強い力では打たず、パッティングのようにストロークしてみてください。

まとめ

今回、アプローチでのクラブの使い分けについてご紹介しました。
大切なことは「状況判断」と、「感覚」です。
アプローチの感覚が不足していると、どのクラブを使うのか悩んで判断ができません。
判断を的確にするには、実践を積むことですね。
その実践で悩んでしまったら、まず転がせないかと考えましょう。 

もし失敗をしても、それをもとに自分の感覚を磨くことが大切です。
色々な場面を体験すると、クラブの使い分けもバッチリと出来るようになるでしょう。

練習場でもアプローチ専用の練習が出来る設備もあります。
ドライバーで飛ばすのも楽しいですが、是非アプローチの練習に力を入れてみてくださいね。
きっとスコアにつながります!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフのショットがなぜコースと練習場では変わってしまうのか

ゴルフのショットがなぜコースと練習場では変わってしまうのか

ゴルフを始めると最初のスコア目標は100ぎりです。すべてのホールがボギーでも100をきることはできるのですが、これがなかなかの難関です。OBをしたり、3パットするとあっという間にダブルボギーやトリプル …

2018/01/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで便利なクラブケース、レディースはどの形がいいの?

ゴルフで便利なクラブケース、レディースはどの形がいいの?

ゴルフクラブやバッグをそろえていざ練習場へ。 ゴルフ用品一式をバッグに入れて練習場へ行こうと思うと、大がかりで結構大変ですよね。 よく考えると練習場に全てのクラブを持って行く必要もなさそうです。 また …

2019/07/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

グリーンにパーオンすると最高に気持ちのいいものですが、遠い距離からグリーンを捉えるのはゴルフ初心者には難しいショットになります。必然的にグリーンを捉えることができず、ピンまで残り50ヤード以内というケ …

2017/10/29|ゴルフウィズ編集部

これであなたも理想のドローボールが打てる

これであなたも理想のドローボールが打てる

スピン量が違うものの、打球が左に曲がるボールを「ドロー」または「フック」といいます。一打目のドライバーショットで左に大きく曲がってOBになったとしたらそれはフックでしょう。 ドローだと最上空に達した時 …

2017/11/16|ゴルフウィズ編集部

池越えショットの心構え

池越えショットの心構え

池越えのショットが好き!という方はなかなかいらっしゃらないでしょう。特に初心者の方は池があるというだけで緊張してしまうかもしれません。 今回はそんな池越えショットの心構えについてお話してみたいと思いま …

2020/05/13|ゴルフウィズ編集部

グリーン周りのアプローチどうしてる?

グリーン周りのアプローチどうしてる?

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。 また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く …

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

球を左右に打ち分けてみよう

球を左右に打ち分けてみよう

ついつい追い求めてしまうのが一切曲がらない真っすぐなボール。1度打ててしまうと、再現しよう、一度打てたのだからもう一度打てたはず。と、欲はどんどん高まっていきます。 しかし、一方のプロはどうなのでしょ …

2017/10/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ距離測定器を便利に使う方法

ゴルフ距離測定器を便利に使う方法

ゴルフ距離測定器はあくまでサポート商品ではありますが、スコアアップを確実なものとする商品です。ゴルフコースで何ヤードか、分かっている人であっても、天候や朝と夕方では見る景色が違い、距離感が掴めなくなる …

2019/03/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者でもスコアを伸ばす練習方法とは?

ゴルフ初心者でもスコアを伸ばす練習方法とは?

ゴルフを始める年代も今は社会人になってからというものでもなく、小学生や未就学児の段階でも始める人も多くなってきました。どんなスポーツでも同じようにゴルフも今は誰でも気軽に始めれるスポーツとして人気を集 …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

長年使用するのがキャディバックで、あまり買い換えることはありません。そのため最初に良い商品を選んでおけば、基本的にずっと継続して、使い続けることができます。ポイントを押さえて購入すると、今後の無駄な出 …

2018/07/31|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ