もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

セルフプレーに便利!サブバッグ

2020/04/15|ゴルフウィズ編集部

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でやらなければならないので、大変な面もあります。そんな時活躍してくれるアイテムのひとつにサブバックがあります。フェアウェイやグリーン周りで活躍してくれるサブバックとはどんなものでしょうか。

サブバックってなんだろう

サブバックというのは、クラブを5本から6本入れられる小型のキャディバックのことです。今までも車以外で練習場に行かれる方向けにクラブ数本が入る袋型のバックは販売されていましたが、セルフプレーが多くなるにつれサブバックを使う方が増えて来ています。
まず違いから見てみましょう。
袋型の場合は入れられるクラブは3本程度で持ち手はありますが自立スタンドなどはついていません。小物を入れる部分もだいたい小ぶりになっています。
サブバックは収納本数は5~6本程度。肩掛けのシャルダーベルトと持ち手ハンドルがついているものが主流です。サイドポケットはボールのスリーブが2つくらい十分入るポケットがあるものが多く自立スタンドもついています。
レインカバーもついていますが、コースでのラウンドの時は外して使うのが良いでしょう。

どんな時に使うのか

セルフでプレイする場合、自分のクラブは自分で用意しなければなりません。迅速にプレイするためには、セカンドショットやサードショットのときに数本のクラブをもってボールのところに行くように教わった方も多いでしょう。
しかし、4本も5本もクラブを小脇に抱えていくのは結構な重労働です。ついつい面倒になってフェアウエイウッドとユーティリティだけ持っていったらボールはディボットに入っていてショートアイアンが必要だった、なんてことにもなります。
そんな時に便利なのがサブバック。4本5本のクラブなら余裕で入ります。またサイドポケットが大きいので予備のボールを入れておくことができます。暫定級を打たなければならなくなったときのために予備のボールは常に携行していなければなりませんが、意外と持ち運びが面倒。ボールポシェットなどを使っている方もいるでしょう。
でもサブバックがあれば、ボールも沢山入りますしタオルをぶら下げておくこともできます。
フェアウェイで使うクラブだけでなく、パターとウエッジを常に入れておけばグリーン周りに行った時にサブバックひとつ持っていけば必要なものは全部揃うことになります。
ラウンド以外では、練習場に行くときに使うこともできますし、ショートコースなど14本のクラブを持っていく必要のないコースであれば、このサブバックだけで済んでしまいます。

メリットとデメリット

サブバックをもつメリットは上記のような便利さに加えて、結果的にプレイファーストに繋がる点でしょう。必要なクラブが常に手元にあることになりますし、クラブの置き忘れなども減ってきます。ボールも沢山いれられるので、2,3発立て続けにOBに打ち込んでも(考えたくありませんが)ボールが足りなくなってカートに取りに戻ることも無くなるでしょう。
一方のデメリットですが、まず運搬が面倒くさくなります。車で移動できる方はそれほど負担になりませんが、電車等を使う場合二つのバックをどう運ぶかという問題が出てきます。コースではカートに引っかけておけば良いのですが、4人全員がサブバックを持っていった場合にはひっかける場所が足りません。
ゴルフ場によっては、到着してからサブバックは自己管理というところやサブバック自体が禁止のところもありますので事前に調べてから持っていくと良いでしょう。

まとめ

セルフプレイに非常に便利なサブバックですが、自立スタンドの使い方は少し気を付けましょう。サブバックを禁止しているゴルフ場があるのは自立スタンドで芝が痛む可能性があるからです。
フェアウェイはまだしもグリーン上ではスタンドを使うのは論外。サブバックそのものもグリーンに持ち込むのも止めましょう。グリーンではパターだけ持つようにしてバックは邪魔にならないカラーのところに横たえて置くようにしてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

リペア上級編リシャフトについて

リペア上級編リシャフトについて

ある程度ゴルフに親しんでくると、いろいろと自分に合うようにクラブをカスタマイズしてみたくなってきます。手始めはやはりグリップの交換でしょうが、ショットに影響が大きなものといえばやはりシャフトです。 最 …

2020/02/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに使用する女性用アンブレラ選ぶポイント

ゴルフに使用する女性用アンブレラ選ぶポイント

ゴルフコースをラウンドする際に、どのようなタイプのアンブレラがあると、お買損がなく便利で活躍シーンが多い商品を選べるのか、ポイントをご説明致します。アンブレラはいろんなタイプの商品がありますので、最適 …

2019/03/14|ゴルフウィズ編集部

自分の飛距離を知っていますか?

自分の飛距離を知っていますか?

7番アイアンで150ヤード、ドライバーは250ヤード。と、自分の飛距離を把握している方! その距離はどこで把握したものでしょうか。コースでの飛距離と自分の持っているポテンシャルが引き出す飛距離には誤差 …

2017/10/11|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

池越えショットの心構え

池越えショットの心構え

池越えのショットが好き!という方はなかなかいらっしゃらないでしょう。特に初心者の方は池があるというだけで緊張してしまうかもしれません。 今回はそんな池越えショットの心構えについてお話してみたいと思いま …

2020/05/13|ゴルフウィズ編集部

グリーン周りのアプローチどうしてる?

グリーン周りのアプローチどうしてる?

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。 また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く …

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

ゴルフバックはゴルフコースを回るために絶対必要です。ゴルフバックがないとクラブが運べませんからね。ただ、ゴルフバックにはさまざまな種類があります。一体どんなものを選べばいいのかわかりません。今回は、ど …

2017/10/22|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブのアイアン用のカバーは着けるの?着けないの?

ゴルフクラブのアイアン用のカバーは着けるの?着けないの?

大事なクラブを守るヘッドカバー。 ウッドやパターには、あたりまえのようにヘッドカバーがついていますね! アイアンにもカバーを着ける方が良いのでしょうか。 アイアンにカバーを着けている男性のゴルファーは …

2019/07/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ドライバーとひとえに言ってもさまざまな種類があります。それぞれにドライバーに特徴があり、何を買えばいいのか悩んでしまいます。 ただ、より自分に合ったドライバーを見つけられるというメリットもあります。そ …

2017/09/14|ゴルフウィズ編集部

初心者でもドライバー徹底攻略でナイスショット連発!

初心者でもドライバー徹底攻略でナイスショット連発!

さあ、待ちに待ったラウンド。張り切ってドライバーを振り回したら、朝一いきなりのOB。次のホールでも思うようなショットが打てずにスコアも気分も最悪…トラブル続きのドライバーを何とかしたいと思っている初心 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ