もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ついにオデッセイも製造に踏み切った赤パターの秘密とは?

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

最近流行のパターといえばテーラーメイドから発売されているスパイダーツアーパターです。
流行り始めたきっかけは当時世界ランキング1位のジェイソンデイ選手が使用していたことから徐々にツアー内で使用選手が増えていきました。現在では日本ツアーのプロも使い始めています。

その後色違い(黒色)の同モデルを現在世界ランキング1位のダスティンジョンソン選手が使用したことにより性能を確かなものとしてさらに使用プロが増えていきました。

今回はそのような赤いパターが流行している理由についてまとめていきます。

赤いパターって?

最近になってよく見かけるようになった赤いパターですが、元祖はテーラーメイドだと認識しています。(キャスコがその前に販売していましたが…)それまでに赤いパターというのは存在しておりましたが、火付け役はこのスパイダーツアーパターでしょう。

何故赤なのか。それはジェイソンデイ選手の生まれ故郷であるオーストラリアに生息するセアカゴケグモというクモをモチーフに作られているからです。また、赤色というのは緑色のグリーン上で非常に色映えし、目標に対してセットしやすいというメリットを持っています。

また、このパターが注目されたのはカラーリングだけではありません。秘密はパターの作り自体にありました。
画像を見てもらうと分かる通りシャフトが特徴的なのが伝わると思います。

引用元http://taylormadegolf.jp/TaylorMade/SPIDER-TOUR-RED%E3%80%90%E6%95%B0%E9%87%8F%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91/DW-IPP90.html?cgid=taylormade-putters-spider#start=2&

このネック形状を、ショートスラントネックといいます。

では、このシャフト形状はどのような効果をパターにもたらすのでしょうか。

注目されている理由とは?

通常こういったネオマレットのパターはフェースバランスのパターが多いのですが、このネックを採用したことによって、ネオマレットのパターにもかかわらず、トゥヒールバランスの仕上がりになっております。

パターを平行にするとフェースが斜め下を向くのがヒールトゥバランスのパターになります。

ネオマレットのパターにもかかわらず、トゥヒールバランスだとどうなるのか…
ネオマレットの安定感を損なわないまま、自分の感性を生かしたストロークを行えるので、結果、いいとこ取りのパターに仕上がっています。
通常ネオマレットのパターだとフェースバランスといって真っすぐに引いて真っすぐに打ち出していくように作られているものが多いのですが、ショートスラントネックを採用していることで、ネオマレット型のパターの良さを残しつつ、自分の感性を生かせるパターを製造することができたのです。

注目されているのはカラーリングだけでなく、性能も最先端のものでした。

オデッセイもついに製造に?

パターシェアで上位に位置するキャロウェイのパターブランドもついに赤パターの製造に踏み切りました。最新作のO-WORKSパターに搭載されているマイクロヒンジインサートを搭載した赤パターを発売するとの発表がありました。

あまりにもの人気で製造せずにはいられなかったのでしょう。実際にオデッセイ契約選手がオデッセイの赤いパターを使用し始めています。
現在テーラーメイドは今回紹介した形状のモデルでしか赤色のパターは製造しておりません。

しかし、オデッセイは現在販売されているモデルの多くの形状に赤色をラインナップさせました。最初に手を取りやすいのはオデッセイかもしれません。

また、現在のところ販売はされていませんが、テーラーメイドのパターであるアークワンパターの赤色を使用しているツアープロはいるそうなので今後もしかすると販売されるかもしれません。

引用元 http://www.gt-birdies.com/2014/09/08/63616/
※アークワンパター

最後に

ここからは余談となりますが、テーラーメイドの赤いパタースパイダーツアーを一番最初に使用したジェイソンデイ選手は最近真っ白なパターを使用し始めました。

あまりにも人気が出てしまって嫌気がさしたのでしょうか。真相はわかりかねますが、人気の火付け役である当の本人はすでに使っていないのです…。

しかし、大手のオデッセイも製造を始めたことからここからもっと赤いパターのシェア率は上がっていきそうです。

まとめ

テーラーメイドのスパイダーツアーレッドパターはカラーリングから注目を浴びるパターとなりましたが、ふたを開けてみれば パターとしても非常に優秀なパターということが分かりました。

もちろんカラーリングも魅力の一つではあります。実際に構えてみるとわかりやすいのですが、グリーン上で非常に映えます。アドレス時に目標に対してセットしやすいというのが直観で分かります。また、本来採用されることのないショートスラントネックという形状のシャフトを採用することでパターの良さとプレーヤーの感性を生かすパターに仕上がりました。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ウェッジの王様!「タイトリスト SM6」

ウェッジの王様!「タイトリスト SM6」

芝や砂などの障害物ごとショットする機会も多いウエッジは、苦手とする方が多いクラブの1つです。「可能であれば使用したくない」と思う方もいるかもしれませんが、コースでのウェッジ使用率は高く、スコアを縮める …

2017/12/08|ゴルフウィズ編集部

中古品のゴルフクラブを購入するメリット・デメリットは?

中古品のゴルフクラブを購入するメリット・デメリットは?

ゴルフクラブを揃える方法は、新品で買うのか中古品を手に入れるかの2つあります。これから本格的に始めようというなら先行投資の意味も含めて新品で買うのもアリですが、新品だとアイアンを1本買うだけでも相当な …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドゴルフをプレーしていて一番多く使用するクラブはどのクラブはご存知ですか?この質問に対してドライバーと答える方が多いのですが、使用頻度が一番多いクラブはパターです。使用頻度が多いということはス …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

「アイアンが打てるようになり、ドライバーもそこそこ飛ぶようになってきたけれど、ウッドだけは上手くいかない」そう感じている初心者の方は多くいます。長いシャフトにドライバーよりも小さなヘッドでは、上手くい …

2017/12/19|ゴルフウィズ編集部

難しいコースで100切りするために必要なこと

難しいコースで100切りするために必要なこと

ゴルフの目標設定として掲げやすいのが、100切り。 ボギーペースでラウンドすれば、スコアは90前後となるためホールごとの目標としても掲げやすいですよね。 しかし、頭で考えるのは簡単でも実際やるとなると …

2017/11/15|ゴルフウィズ編集部

もうバンカーは怖くない!おすすめレディースサンドウェッジ3選

もうバンカーは怖くない!おすすめレディースサンドウェッジ3選

みなさんはバンカーは得意でしょうか? バンカーから出すにはある程度テクニックが必要なので、経験がまだ浅いと苦手だという方も多いでしょう。 そこでバンカーからの脱出専用のウェッジを試したらいかがでしょう …

2018/05/17|ゴルフウィズ編集部

一番長くて難しいドライバーを打つコツ

一番長くて難しいドライバーを打つコツ

ドライバーで悩みを抱えている方は多いと思います。「もっと飛ばしたい」「もっと捕まった球を打ちたい」もっと多様な悩みがあるかもしれませんが今回はこの2つの悩みについて改善のコツを話していきます。 &nb …

2017/10/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでやりがちなミス!パターの際注意すべきポイントは?

ゴルフでやりがちなミス!パターの際注意すべきポイントは?

グリーン上での多くのマナーやルールが存在しています。パターショットをする際、気をなければ、スコアにも響く場合があります。 ただ、初心者だと何がダメで何がいいのかなんてわかりませんよね。私自身、わかって …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったパターでスコアを上げる

自分に合ったパターでスコアを上げる

ゴルフで一番神経を使うのがパターの瞬間です。繊細な力加減が要求され、かなりの集中力を使うことになります。さらに、少しのミスがスコアに大きく影響してくることもあります。 もしも、力加減が上手くできず強す …

2017/10/09|ゴルフウィズ編集部

自分の飛距離を知っていますか?

自分の飛距離を知っていますか?

7番アイアンで150ヤード、ドライバーは250ヤード。と、自分の飛距離を把握している方! その距離はどこで把握したものでしょうか。コースでの飛距離と自分の持っているポテンシャルが引き出す飛距離には誤差 …

2017/10/11|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ