もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ついにオデッセイも製造に踏み切った赤パターの秘密とは?

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

最近流行のパターといえばテーラーメイドから発売されているスパイダーツアーパターです。
流行り始めたきっかけは当時世界ランキング1位のジェイソンデイ選手が使用していたことから徐々にツアー内で使用選手が増えていきました。現在では日本ツアーのプロも使い始めています。

その後色違い(黒色)の同モデルを現在世界ランキング1位のダスティンジョンソン選手が使用したことにより性能を確かなものとしてさらに使用プロが増えていきました。

今回はそのような赤いパターが流行している理由についてまとめていきます。

赤いパターって?

最近になってよく見かけるようになった赤いパターですが、元祖はテーラーメイドだと認識しています。(キャスコがその前に販売していましたが…)それまでに赤いパターというのは存在しておりましたが、火付け役はこのスパイダーツアーパターでしょう。

何故赤なのか。それはジェイソンデイ選手の生まれ故郷であるオーストラリアに生息するセアカゴケグモというクモをモチーフに作られているからです。また、赤色というのは緑色のグリーン上で非常に色映えし、目標に対してセットしやすいというメリットを持っています。

また、このパターが注目されたのはカラーリングだけではありません。秘密はパターの作り自体にありました。
画像を見てもらうと分かる通りシャフトが特徴的なのが伝わると思います。

引用元http://taylormadegolf.jp/TaylorMade/SPIDER-TOUR-RED%E3%80%90%E6%95%B0%E9%87%8F%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91/DW-IPP90.html?cgid=taylormade-putters-spider#start=2&

このネック形状を、ショートスラントネックといいます。

では、このシャフト形状はどのような効果をパターにもたらすのでしょうか。

注目されている理由とは?

通常こういったネオマレットのパターはフェースバランスのパターが多いのですが、このネックを採用したことによって、ネオマレットのパターにもかかわらず、トゥヒールバランスの仕上がりになっております。

パターを平行にするとフェースが斜め下を向くのがヒールトゥバランスのパターになります。

ネオマレットのパターにもかかわらず、トゥヒールバランスだとどうなるのか…
ネオマレットの安定感を損なわないまま、自分の感性を生かしたストロークを行えるので、結果、いいとこ取りのパターに仕上がっています。
通常ネオマレットのパターだとフェースバランスといって真っすぐに引いて真っすぐに打ち出していくように作られているものが多いのですが、ショートスラントネックを採用していることで、ネオマレット型のパターの良さを残しつつ、自分の感性を生かせるパターを製造することができたのです。

注目されているのはカラーリングだけでなく、性能も最先端のものでした。

オデッセイもついに製造に?

パターシェアで上位に位置するキャロウェイのパターブランドもついに赤パターの製造に踏み切りました。最新作のO-WORKSパターに搭載されているマイクロヒンジインサートを搭載した赤パターを発売するとの発表がありました。

あまりにもの人気で製造せずにはいられなかったのでしょう。実際にオデッセイ契約選手がオデッセイの赤いパターを使用し始めています。
現在テーラーメイドは今回紹介した形状のモデルでしか赤色のパターは製造しておりません。

しかし、オデッセイは現在販売されているモデルの多くの形状に赤色をラインナップさせました。最初に手を取りやすいのはオデッセイかもしれません。

また、現在のところ販売はされていませんが、テーラーメイドのパターであるアークワンパターの赤色を使用しているツアープロはいるそうなので今後もしかすると販売されるかもしれません。

引用元 http://www.gt-birdies.com/2014/09/08/63616/
※アークワンパター

最後に

ここからは余談となりますが、テーラーメイドの赤いパタースパイダーツアーを一番最初に使用したジェイソンデイ選手は最近真っ白なパターを使用し始めました。

あまりにも人気が出てしまって嫌気がさしたのでしょうか。真相はわかりかねますが、人気の火付け役である当の本人はすでに使っていないのです…。

しかし、大手のオデッセイも製造を始めたことからここからもっと赤いパターのシェア率は上がっていきそうです。

まとめ

テーラーメイドのスパイダーツアーレッドパターはカラーリングから注目を浴びるパターとなりましたが、ふたを開けてみれば パターとしても非常に優秀なパターということが分かりました。

もちろんカラーリングも魅力の一つではあります。実際に構えてみるとわかりやすいのですが、グリーン上で非常に映えます。アドレス時に目標に対してセットしやすいというのが直観で分かります。また、本来採用されることのないショートスラントネックという形状のシャフトを採用することでパターの良さとプレーヤーの感性を生かすパターに仕上がりました。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

フェアウェイウッドのダフリとトップを改善しよう

フェアウェイウッドのダフリとトップを改善しよう

ゴルフコースは、パー3、パー4、パー5があります。もちろん、クラブはどの場面でも使用することができます。その中でもフェアウェイウッドを使う場面は、距離が少し長めのパー3のティーショット、パー4のティー …

2018/01/17|ゴルフウィズ編集部

ウッドが当たらない!ウッドを使うときに意識すべきポイント

ウッドが当たらない!ウッドを使うときに意識すべきポイント

苦手とする方が多いウッド。「思うように当たらないからウッドを使わない」という方も多いのではないでしょうか。この記事では、ウッドが当たらないという悩みを、ちょっとした変化で解決できる方法をご紹介します。 …

2017/12/01|ゴルフウィズ編集部

ドライバーの選び方!初心者におすすめのドライバー3選

ドライバーの選び方!初心者におすすめのドライバー3選

初心者がドライバーを選ぶ際に意識すべきポイントは「自分に合うドライバー」であるかどうかです。「スライスしてしまう」「飛距離がでない」といった悩みをカバーしてくれるドライバーを選ぶことで、短所が改善され …

2017/11/02|ゴルフウィズ編集部

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

ゴルフボールにはさまざまな種類があります。その中でも一際目立つのはカラーのゴルフボールです。ピンク系から黄色など、明るい色が主なカラーの種類となっています。 私自身も、ゴルフコースを回る際は、カラーの …

2017/08/24|ゴルフウィズ編集部

パターの名手ジョーダンスピースの秘密とは?

パターの名手ジョーダンスピースの秘密とは?

皆さんはパターの名手と聞いてどの選手を思い浮かべるでしょうか。ルークドナルド?フィルミケルソン?タイガーウッズ? プロはみんなうまいという意見は最もですが、その中でもひときわうまいプロがいることも確か …

2017/02/23|ゴルフウィズ編集部

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

夏も中盤となりつつある8月は新製品の発表が次々と行われていきます! 1年ごとのモデルチェンジとなるシャフトはこの時期新製品の試打会が多く開催されています。 USTマミヤさんからはアッタスシリーズ9代目 …

2017/10/26|ゴルフウィズ編集部

アプローチショットがシャンクするには理由がある

アプローチショットがシャンクするには理由がある

グリーンにのせるアプローチショット。100ヤード以内の短い距離にも係わらず、打球がとんでもない方向に飛んでしまうことがあります。おそらく誰もが一度は経験したことがあるだろう「シャンク」です。 スライス …

2017/11/22|ゴルフウィズ編集部

スコアアップが目指せるゴルフグッズの選び方

スコアアップが目指せるゴルフグッズの選び方

ゴルフを上達させるためには、打ちっぱなし練習場などで練習することになりますが、練習の状態が良くないと上手になりません。スコアアップできる練習をするためには、ゴルフグリップ選びにこだわり、しっかりクラブ …

2018/07/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフには100切りの壁というのが存在します。 初心者に立ちはだかる最初の壁ともいえるでしょう。 全18ホール全てボギーで終えることが出来れば18オーバー=90(ゴルフ場により異なる)で上がることがで …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中にイライラした時の対処法は?

ゴルフ中にイライラした時の対処法は?

ゴルフをしていると当然、ミスが起こります。1回だけならいいのですが、何回も続くと徐々にイライラが積もってきてしまいます。すると、周りの空気も悪くなってしまい、せっかくのゴルフが楽しめません。 さらに、 …

2017/09/16|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ