もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

アプローチはなぜ難しいのか?

2020/10/01|ゴルフウィズ編集部

グリーン周りからピンに寄せるアプローチは意外と苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。短い距離なのにけして簡単ではないアプローチショット。ドライバーのように長いクラブで遠くに飛ばさなければならないわけではないのになぜ難しいのでしょう。今回はアプローチショットの難しさについてのお話しです。

アプローチの目的はなにか

わかりきったことのようですが、まずアプローチの目的はなんなのかを今一度考えてみましょう。
これは言うまでもなくピンに寄せること。あわよくばそのままカップインなんてことを考えることもあるかもしれません。
つまり、非常に狙いのマトが小さいわけです。コースに行く前は冷静に、アプローチはとりあえず乗れば良いんだ、と考えていたとしても実際にコースに行くとどうしても欲が出ます。またある程度以上のスコアを出そうと思ったら、とりあえずアプローチはグリーンに乗れば良いというわけにもいきません。
当たり前ですが、ゴルフはカップに近づけば近づくほど1打の精度が求められます。つまりアプローチはパッティングの次に精度が必要なショットなのです。
そこにまずアプローチの根本的な難しさがあります。

アプローチはチェックすべき項目が多い

マトが小さいことに加えてアプローチの場合、結果に影響を及ぼす要素が多岐に渡ります。それらをきちんとチェックして望まなくてはなりません。
いくつか例をあげてみましょう。

・グリーンの状態
カップに寄せたいわけですから、当然グリーンの傾斜などを考慮する必要があります。カップに向かって上りなのか下りなのか、またカップの向こう側も同様に傾斜がどうなっているのかを考えないとボールを落とす場所が定まりません。いわばロングパットと同じような読みが必要となります。

・ボールの落としどころの状態
グリーンの状態と同じく、落としどころ周辺の状態も考慮する必要があります。直接グリーンに落とせるのか、カラーにワンクッションさせるならカラーの芝の深さや傾斜がどうなっているのかなどを見きわめます。

・ボールのライの状態
これも非常に重要な要素です。もちろんフルショットのアイアンショットなどでもディボットに入っていたりラフだったりすれば打ち方に制限が出てきますがアプローチは一段と影響が強くなります。
芝が薄いようなところにボールがある場合はロフトが多くバンスが強いクラブは地面に跳ねられてしまうために使えません。バンカー越えでエッジからピンまでの距離が短いような状況で芝が薄いところにボールがあると難易度が非常に高くなります。
また逆にラフでボールがかなり浮いているような場合もだるま落としの危険を考えなくてはなりません。

いかがでしょうか。これらの要素を全部組み合わせて考えて一番寄る確率の高いクラブや打ち方を選択する必要があるわけです。
経験値がある程度ないと短い時間でベストの選択をするのは非常に難しいのがわかると思います。

そもそも練習環境が無い

練習場でももちろんアプローチの練習は可能です。距離感を養うことは重要ですが、先述したような傾斜の読みやどんなライならどんな打ち方が可能か、といったことはやはりコースの環境でなくては練習することができません。
パッティングとアプローチはやはりなかなか練習場だけでは難しいですね。
ゴルフが上手くなるためには、まずラウンド数を増やさなくてはならないと言われるのはコースでなければ経験できないことが多いからで、とりわけアプローチは経験から学ぶことが多いものです。

まとめ

ラウンドのスコアが悪く、あとから反省点を振り返っても意外と思い出すのはOBを打ったり池に入れたシーンでしょう。もちろんそれは反省すべきかもしれませんがアプローチが寄らなかったことを忘れていたりしないでしょうか。ただでさえ難しいうえに練習もどうしても後回しになってしまいがちではありませんか?
それは半ば仕方がないことかもしれませんが、練習に対するモチベーションを上げづらいのも実はアプローチの難しさのひとつです。
一度で良いので練習場にウエッジだけを持って行ってみませんか?今までと違う世界が開けるかもしれません。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

池越えショットの心構え

池越えショットの心構え

池越えのショットが好き!という方はなかなかいらっしゃらないでしょう。特に初心者の方は池があるというだけで緊張してしまうかもしれません。 今回はそんな池越えショットの心構えについてお話してみたいと思いま …

2020/05/13|ゴルフウィズ編集部

実体験に基づくイップスのお話

実体験に基づくイップスのお話

イップスというのをご存じでしょうか? ある動作をしようとしたときに身体が固まってしまって動かなくなる現象です。今ではいろいろなスポーツや、楽器の演奏などについても使われますが、もともとはゴルフについて …

2021/02/11|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフのスイングでは右手を使うな、までストレートな表現ではなくても右手を使う弊害について書かれた記事やレッスン動画を目にしたことはあるのではないでしょうか。しかし右利きの人にとって右手は左手よりも力も …

2020/09/25|ゴルフウィズ編集部

スイング理論に振り回されていませんか?

スイング理論に振り回されていませんか?

今は昔と違いYouTubeに沢山のレッスン動画があがっています。それ以外にもSNSで簡単に多くのレッスンプロと繋がることができます。雑誌や書籍でしか情報が得られなかった時代に比べてはるかに簡単にスイン …

2020/11/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

  ゴルフしていく上で使用頻度がドライバーやパターと同等に高いサンドウェッジ。ゴルフには欠かせない存在となっています。さまざまな使い道があり、チャンスを舞い込むために利用したり、ピンチを脱す …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

パターの距離感をマスターしよう

パターの距離感をマスターしよう

2オンに成功したと喜んでいてもグリーンのふちに乗ってしまい、相当なロングパットが残ってしまい、3.4パットしてしまうなんてこともあると思います。 3.4パットしてしまうには様々な原因が考えられますが、 …

2017/09/23|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

プロゴルファーのドライバーショットを見ていると、大きく分けて「ドローボール」と「フェードボール」に分かれます。極端な「フックボール」や「スライスボール」はOBになる危険性がありますが、プロゴルファーは …

2017/11/03|ゴルフウィズ編集部

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。 風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題 …

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

実はゴルフはタフなスポーツです。雨天でも行うことがあります。私自身、ゴルフコースを回っている時に、ゲリラ豪雨とは行かないですが、かなりの量の雨が降り出した時も、待機のアナウンスはなく、ゴルフを続けまし …

2017/10/02|ゴルフウィズ編集部

コースでのショットはそこそこで十分

コースでのショットはそこそこで十分

コースでなかなかスコアが出ない、うまくいかない、次こそはと思って練習に励む方も多いでしょう。そのような気持ちはとても大切ですし上達には欠かせない態度だと思います。しかし、ショットの練習やコースでの打ち …

2020/11/17|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ