もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

2017/09/05|ゴルフウィズ編集部

09051

パットをする上で一番緊張する距離が約1mです。カップから離れているわけではないのですが、近いわけでもなく非常に微妙な距離です。なので、力加減も難しく、外せないという緊張感も相まって、外しやすいです。

私もこの距離に何度も泣かされてきました。ちょうどいい力加減で打てたと思ったら、カップギリギリでピタリと止まってしまったり、逆に強すぎてカップから離れていってしまったりと嫌な思い出しかありません。

しかし、そうは言ってられないので、練習していった結果、なんとか以前より約1mのパットの成功率は上がっています。そこで、今回は、私のようにゴルフで約1mのパットで苦しんでいる方へ向けて、成功率を上げるオススメの練習法を紹介します。

 

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げるために、私自身もしてきた練習は、

・ご褒美をつけて集中できるようにする
・ノルマを設定し制限時間内にパットを決めるようにする
・距離を微妙に変えてパットする

の3つです。どのような内容なのか、そしてどういった効果があるのかを説明していきます。

 

ご褒美をつけて集中できるようにする

パットには、細かい力加減など、高い集中力が必要になってきます。特に約1mのパットとなれば、強すぎず弱すぎない程度の高度なショットが求められます。

しかし、練習だとゴルフコースを回っている時のように、なかなか高い集中力を引き出すことが難しいです。そこで、少しでも高い集中力を生むために、ご褒美という形で練習に付加価値を付けることがオススメです。

高い集中力の中でパットをすることに慣れるよう意識して、練習してみましょう。

 

ノルマを設定し制限時間内にパットを決めるようにする

この練習も、先程の集中力を高める練習と系統は同じです。しかし、唯一違うのは、制限時間があることで、焦りが生まれる点です。

ゴルフをやっていると、約1mのパットが入ればスコアに勢いがつくという場面によく出くわします。その状況下だと「絶対に外せない」という焦りがでてしまい、ショットの力加減が上手くいかず、力み過ぎてしまうこともあります。そうなると、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

そうならないためには、まず焦る状況に慣れておくことが必要です。そこで、ノルマを設定し、制限時間内にパットを決める練習がオススメです。「時間制限内にしなければいけないという」焦りの中でも、冷静に力加減を判断してパットを決めれば、ゴルフコースでも焦りを軽減させられます。

 

距離を微妙に変えてパットする

約1mなので、多少の距離の前後はあります。なので、細かい力の調整も求められます。もしも、少しでも弱かったらカップのギリギリでゴルフボールが止まってしまうこともあります。そうなりたくはないですよね。

練習では、何回でもパットに挑戦できるのはいいのですが、つい同じ距離、場所からパットしがちです。そうなると、本番で力加減を臨機応変に変化させることが難しくなります。

だからこそ、応用力を身につけるために、距離を微妙に変えてパットすることがオススメです。約1m前後のパットの力加減を熟知することで、行き過ぎやカップのギリギリで止まってしまうことを、減らしていくことが可能になります。

 

約1mのパットの成功率を上げればスコアが改善することも

以上がゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法です。微妙な距離ということもあり、力加減が難しいです。

さらに、決めなきゃいけないというプレッシャーも相まって、体に力が入りやすく、プロでもミスしやすい難易度の高いパットとなっています。しかし、これが決まれば、スコアが改善される可能性もグンッと上がります。

もし約1mのパットに悩んでいるのなら、ぜひ今回紹介した練習をしてみましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

パターのラインを読むには初心者のうちにコツを知るとラク!

パターのラインを読むには初心者のうちにコツを知るとラク!

ゴルフはパターのラインをどう読むかでスコアが大きく違ってきます。 ただ何となく打ってしまうと、3パットや4パットもありますよね! 初心者のうちにラインの読み方のコツを知っておくと100切り目前で足踏み …

2020/04/02|ゴルフウィズ編集部

これであなたもバックスピンをかけることができる

これであなたもバックスピンをかけることができる

プロゴルファーのプレーをテレビで観戦していると、グリーン上で球がピタリと止まったり、ピン目指してバックスピンがかかって球が戻ってきたりするシーンを見かけて驚きます。 トッププロになるとこのスピン量を自 …

2017/11/21|ゴルフウィズ編集部

ドライバーを曲げずに飛ばすにはスタンスを狭くしてみよう!

ドライバーを曲げずに飛ばすにはスタンスを狭くしてみよう!

ドライバーのアドレスでスタンスを狭くすると、曲がらずに遠くへ飛ばせます。 曲げずに飛ばすには広い方がよさそうですが、必ずしもそうではないのです。 プロゴルファーなどで広いスタンスで飛ばすのを目にします …

2020/06/08|ゴルフウィズ編集部

パターのL字って難しい!?特徴がわかると打ってみたくなる!

パターのL字って難しい!?特徴がわかると打ってみたくなる!

ゴルフのパターといえば、マレット型やピン型を思い浮かべることが多いのではないでしょうか。 オススメのパターなどで、この二つの型はよく紹介されていますね。 一方L字のパターは、どちらかというと一般的では …

2019/10/01|ゴルフウィズ編集部

もうバンカーは怖くない!おすすめレディースサンドウェッジ3選

もうバンカーは怖くない!おすすめレディースサンドウェッジ3選

みなさんはバンカーは得意でしょうか? バンカーから出すにはある程度テクニックが必要なので、経験がまだ浅いと苦手だという方も多いでしょう。 そこでバンカーからの脱出専用のウェッジを試したらいかがでしょう …

2018/05/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドライバーショットの飛距離の伸ばし方

ゴルフ初心者のドライバーショットの飛距離の伸ばし方

ゴルフは1打目のドライバーショットが成功すると2打目は楽な距離で無理なく打つことが可能になります。これはパー4の通常のミドルホールでも、パー5のロングホールでも同じことがいえるでしょう。飛距離がでない …

2017/11/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者でもスコアを伸ばす練習方法とは?

ゴルフ初心者でもスコアを伸ばす練習方法とは?

ゴルフを始める年代も今は社会人になってからというものでもなく、小学生や未就学児の段階でも始める人も多くなってきました。どんなスポーツでも同じようにゴルフも今は誰でも気軽に始めれるスポーツとして人気を集 …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

今大流行、IOMICって?

今大流行、IOMICって?

ひと昔前はゴルフクラブのグリップといえば黒が定番でした。最近とてもカラフルなグリップをみかけるようになりました。その多くはIOMICというグリップです。 ゴルフクラブのグリップのシェアはゴルフプライド …

2020/06/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

ついにオデッセイも製造に踏み切った赤パターの秘密とは?

ついにオデッセイも製造に踏み切った赤パターの秘密とは?

最近流行のパターといえばテーラーメイドから発売されているスパイダーツアーパターです。 流行り始めたきっかけは当時世界ランキング1位のジェイソンデイ選手が使用していたことから徐々にツアー内で使用選手が増 …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ