もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフ手首の腱鞘炎の原因と治療方法

2019/04/23|ゴルフウィズ編集部

手首の腱鞘炎は症状が軽いのであれば、自分で治療することができます。ゴルフの練習でもラウンドの際も、応急手当ができる救急箱を、ゴルフバックなどに入れておくといいでしょう。症状が悪い場合は、医者に診てもらいましょう。

手首に力を入れスイングすると痛める原因に繋がる

クラブをスイングする際に、基本的には遠心力を利用して、身体全体でスイングする感じになりますが、手首にも思わず力が、入ってしまっているでしょう。クラブのグリップはしっかり握っていませんと、スッぽ抜けてクラブが空中に飛んでいき、他のゴルファーの人に当たり、怪我をさせるかもしれません。そのため、グリップはきちんと握るのが鉄則です。

しっかり握っているため力が入ってしまうのは、自然な状態と言えます。ここで勘違いしてはいけないのは、しっかりクラブのグリップを握ることと、手首に力を入れることは違う内容です。手首に力が入っている人は、手首でクラブをスイングしているため、練習を重ねていくにつれ、気が付いたら腱鞘炎になってしまったという、最悪な状況になっています。

クラブをスイングするフォームは手首で回すのではなく、遠心力を利用して身体全体でスイングする方法が、正しい素振りの姿勢になってきます。間違った方法でスイングを続けたので、手首に負担がかかり腱鞘炎になってしまったわけです。クラブでゴルフボールをショットする、フォームのイメージとしては、時計の振り子のような感じで、クラブを素振りするといいでしょう。手首をあまり動かさないで済みます。

対策としては自分のスイングフォームを見直して、クラブを手首で回さないようにしましょう。ついつい手首で回す癖がついている人は、リストバンドをはめて軽めに固定するなどして、手首を動かしすぎない状態にします。手首を動かしすぎは良くないと、意識することもできます。

手首の腱鞘炎治療方法

腱鞘炎になりましたら、動かさないで安静にするのが重要です。もし練習中やラウンド中に、腱鞘炎の症状になりましたら、応急手当としてテープ剤を、関節に貼るといいでしょう。テープ剤を貼ることで、手首をあまり動かさない状態にできます。

手首が熱くなっている症状でしたら、冷やす必要がありますので、患部を冷やすタイプの湿布剤を貼って、なるべく動かさないようにして下さい。炎症がある場合は、炎症を押さえるタイプの湿布剤もあります。自分の手首の症状に合わせて、試合中でもラウンド中でも、すぐ手当てをしておくことで、症状の悪化を防ぐことができます。

自宅に到着し傷みが少し軽くなってきたようでしたら、そのまま湿布剤の治療を行いましょう。腱鞘炎の症状があまりにひどいのであれば、整形外科で診てもらって下さい。ステロイド注射で炎症を抑えたり、テープ剤やギプスなどを使用して、手首が動いたりしない状態に、しっかり固定をして治療してもらえます。

多少痛いけどなんとか仕事などできる程度であれば、痛んでいる指と手首などを固定する感じで、自分でテープ剤を貼ってもいいでしょう。痛んでいる部分が、動かない状態にできれば、支障がない範囲で仕事をするのは大丈夫です。腫れがひいてきて、痛みがなくなるまで治療を続けて下さい。治療ができた後は、手首にサポート力があるグローブを、ゴルフショップなどで探して、ゴルフプレイの際は使用すると、腱鞘炎になるのを防ぐことができます。

まとめ

手首は指の動きと連動していますので、腱鞘炎になりますとゴルフだけでなく、普段の生活も含めて本当に困る状況になります。腱鞘炎にならないスィングフォームを身に付けて、少し痛めてもすぐ対応して早めに治療し、悪化するのを防ぐといいでしょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフのコーチになる方法

ゴルフのコーチになる方法

ゴルフコーチの仕事は、実は資格が無くても、コーチをしていい職業です。ですが資格を取得している方が、生徒を集めるために説得力がありますし、ゴルフ場やゴルフ練習場、スポーツクラブなど、どのような形態の職場 …

2018/12/04|ゴルフウィズ編集部

女性のゴルフ仲間へのプレゼントに最適なアイテムとは?おすすめご紹介

女性のゴルフ仲間へのプレゼントに最適なアイテムとは?おすすめご紹介

年末が近づくと、いつも楽しくゴルフをしている仲間内や、お世話になっている方などに軽くプレゼントを用意したいなと考えたり、もしくはグループで「プレゼントを用意しようよ」なんて話が持ち上がることがあるかも …

2018/11/13|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者がぜったいに知っておくべきスイングの基本を紹介!

ゴルフ初心者がぜったいに知っておくべきスイングの基本を紹介!

ゴルフ初心者の方にスイングの基本について紹介します。 コースデビューする前に、まずは自宅や練習場でしっかりと基本スイングを身につけ、楽しいゴルフライフを送りましょう。そのためには、クラブの握り方から、 …

2017/09/13|ゴルフウィズ編集部

日本におけるゴルフの歴史を知ろう

日本におけるゴルフの歴史を知ろう

ゴルフは日本発祥のスポーツではなく、発祥地イギリスより日本に伝えられたスポーツです。最初はゴルフコースを手造りしたため、大変だったみたいです。現在私達が気軽に楽しめるのも、先人の苦労あってのことと実感 …

2018/12/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ用品レンタルサービスを賢く利用する方法

ゴルフ用品レンタルサービスを賢く利用する方法

ゴルフ用品を全部揃えるためには、数万円は費用としてかかるため、レンタルサービスを利用して、低コスパでゴルフを楽しむ方法はおススメです。ベテランの方でも、新しいクラブを試しに使った後、購入するなどしても …

2018/08/28|ゴルフウィズ編集部

大事なのは発想の転換!考え方を変えるだけで100は切れる

大事なのは発想の転換!考え方を変えるだけで100は切れる

00切りできれば一人前。そんな言葉もあるくらい初心者の方にとって100切りはひとつの大きな目標といえるのではないでしょうか。 しかし、何年やっても100が切れないという方も少なくありません。 十分練習 …

2019/06/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに必要な筋肉をつけるための食べ物

ゴルフに必要な筋肉をつけるための食べ物

筋肉を付けるための「鶏のささみ肉」ですが、高タンパクな食材ということが、筋肉にいい理由です。あっさりしている味なので、味付けを一工夫する必要はありますが、ゴルフに必要な筋トレ合わせて行い、パワーアップ …

2018/09/19|ゴルフウィズ編集部

ショットの精度を上げるため風向きを読む方法

ショットの精度を上げるため風向きを読む方法

風を読むことができれば、風を活かしてショットすることで、スコアアップすることもできます。風がある日は苦手だったのに、逆に得意になるかもしれません。風を読むコツを掴んで、正確なクラブの番手選びが重要です …

2019/05/17|ゴルフウィズ編集部

冬のゴルフウェアをしまう時の注意点!適当にしまうと後悔するかも…

冬のゴルフウェアをしまう時の注意点!適当にしまうと後悔するかも…

面倒に思いがちな衣替え。ですが、冬の素材はニットなどがあるため、虫食いになってしまうと修復が難しく致命的になってしまいます。 また、シルクなどのデリケートな素材の場合には、シワなどがつかないようしまい …

2019/02/28|ゴルフウィズ編集部

【衣替え】冬物ゴルフウェアの型崩れを防止するしまい方!コツをご紹介!

【衣替え】冬物ゴルフウェアの型崩れを防止するしまい方!コツをご紹介!

暖かいゴルフシーズンがやって来れば、冬物ゴルフウェアの衣替えの季節です。この衣替えの時に綺麗にしまっておかないと、次のシーズン時には「シワシワ」になってしまったりする原因にも繋がります。 また、梅雨時 …

2019/05/10|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ