もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

バンカーショットが苦手なのは

2021/04/15|ゴルフウィズ編集部

初心者、初級者の方の苦手なショットの代表格ともいえるのがバンカーショットではないでしょうか?またレディースゴルファーの方も苦手にしている方が多いようです。いろいろとバンカーの打ち方を勉強しているはずなのになぜうまく打てないのでしょう。今回はバンカーショットについてのお話です。

バンカーショットの基本とは?

では、まずバンカーショットの基本として良く記事などに書かれている内容をおさらいしてみましょう。
・フェースを開く
これは必ずと言って良いほど書かれている内容です。フェースを開いて構えるということですね。

・オープンスタンス
フェースを開いたぶん、スタンスをオープンにしてピンの左を向くということです。

・ダフらせる
最後にボールの手前の砂を叩いて砂を爆発させ、その力でボールを飛ばすエクスプロージョンという打ち方になります。

バンカーショットの苦手な方に話を聞いてみると、皆さんこのような内容は熟知されています。苦手なぶんなんとか克服しようといろいろと勉強をなさっているのでしょうね。
もちろんこれらの内容は間違ってはいません。それどころかまさにこれがバンカーから出すための最適な方法であるといえます。
ではなぜうまくいかないのでしょうか。

バンカーショットの打ち方の勘違いの数々

勘違いというと、ちょっと言い過ぎかもしれませんが要はあまり練習の機会がないので加減がわからないというとことではないかと思います。
では個別に見ていきましょう。

・フェースを開く
そもそもなぜフェースを開くのかということですが、ロフトを付けるという意味もありますが、そのほかに大きな理由としてバウンスを強くするというものがあります。
バウンスというのはソールのでっぱりですがフェースをひらくとヒール側のバウンスが強くなります。試しに平らな場所でフェースを開いた場合と閉じた場合を比べてください。明らかに開いたほうがリーディングエッジが地面から浮いているのがわかると思います。
このバウンス部分で砂を叩くのですが、せっかくアドレスで開いても打つときに右手に力が入って上からクラブを叩きこんだりフェースを返したりしてしまったらインパクトでバウンスが無くなってしまいます。その結果砂にリーディングエッジが刺さってしまうわけです。
ヒール側からコンタクトするような気持ちでフェースが開いたままインパクトを迎えるようにしてみましょう。

・オープンスタンス
だいたいにおいて、バンカーが苦手な方はフェースの開き方とスタンスの開き方が過剰です。アマチュアはパワーが無いのでバンカーショットでボールが前に飛びません。そのうえフェースやスタンスを開きすぎては脱出は難しくなってしまいます。

・ダフらせる
バンカーが苦手な方に共通しているのは「ダフりすぎ」ということです。
ボールふたつぶんくらいダフってはスコップで砂ごと放り投げない限りボールは出ません。そもそもバウンスが出ている構えをしている上にスパイクを少し砂に潜らせているわけですから、普通に打てばダフります。気持ちの上ではボールの真下の砂をバウンスで打つくらいでちょうど良いはずです。
もちろん右手をフリックしてしまうとホームランしてしまいますが、普通に振ればダフります。

まとめ

バンカーは思っているほどフェースは開きませんし、思っているほどダフらせません。苦手な方はすべてが過剰な上にリキみますからフェースがかぶって砂に刺さります。
特に右手に力が入るとフェースが被るうえにスイングスピードが落ちますからまず出ません。なかなか出ない方は一度直接ボールを打つくらいのつもりで、さらに最後までフィニッシュを取るように心がけてスイングしてみてください。一度コツをつかんでしまえばバンカーは難しくありません。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

ゴルフでサンドウェッジの精度を上げるオススメ練習法とは?

ゴルフでサンドウェッジの精度を上げるオススメ練習法とは?

ゴルフをする上で、サンドウェッジの存在は外せません。グリーンから小〜中距離ぐらいの範囲で最も使用頻度の高いアイアンです。なので、サンドウェッジの精度を上げるのは必須となっています。 私も、サンドウェッ …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

プロが使っているクラブはどんなもの?

プロが使っているクラブはどんなもの?

ゴルフクラブを選ぶ場合、好きなプロ、憧れのプロが使っているというのは選択の際のひとつ大きなポイントになりますよね。 メーカーもそれは十分わかっていますので、宣伝のためトッププロに自社製品を使ってもらう …

2020/12/02|ゴルフウィズ編集部

風の日のゴルフ はどうプレーする?

風の日のゴルフ はどうプレーする?

ゴルフは自然の中でおこなうスポーツですから天候の影響は非常に大きいものになります。中でも雨はいろいろと注意が多いのですがスコアということだけを考えればむしろ風のほうが注意点が多いと言っても良いでしょう …

2020/06/25|ゴルフウィズ編集部

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

ゴルフの一番の魅力は何ですか?「仲間と楽しくワイワイできる」「年をとってからも続けられる」「大自然の中でボールを打つ感覚が最高」などなど。人によって色々あると思います。 私の場合は、「自分で考えて、攻 …

2017/11/26|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/04/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーイングエリアでショットするときは、ティーアップをすることができます。 心理的にもすごく楽になるティーアップですが、ティーの高さはどのように決めているでしょうか? ティーの高さというのは意外と重要 …

2020/05/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ホールの芝の長さは、いつも同じではありません。整備はされていますが、天然の植物なので天候の影響で、すぐ生えたり成長します。芝の長さの影響を受けないように、レディースティーで、ボールを打ちやすくしましょ …

2018/07/23|ゴルフウィズ編集部

マッスル、キャビティ、中空。アイアンのヘッド形状と特徴

マッスル、キャビティ、中空。アイアンのヘッド形状と特徴

アイアンのヘッドにはいろいろな形状があります。マッスルバック、キャビティバック、中空といった言葉はなんとなく聞いたことがあるのではないでしょうか。そしてマッスルバックはなんだか上級者向けっぽい、くらい …

2020/06/03|ゴルフウィズ編集部

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

キャディバッグはウエアと並んでおしゃれができ、好きなものを選ぶことができるアイテムです。クラブはどうしても使えるもの使えないものがありますが、キャディバッグは初心者でも上級者同様好きなものを選べます。 …

2020/05/29|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ